自己紹介文

■i-nos(アイノス)
ボーカルの綾(りょう)と、キーボードでサウンドプロデュースのhotta(ホッタ)による男女2人のサウンドユニット。
「優しさのなかにある強さ」をコンセプトに、生命や人生(LIFE)をテーマとした幅広い層の心に響く愛情ある楽曲を発信。
数々のイメージソングやテーマ曲も手掛けています。

2004年結成、2005年活動開始。
2008年、1stアルバム『HEART FOR LIF』をリリース後、
2009年、2ndミニアルバム『OPEN THE LIFE』、1stシングル『world goes round』、3rdアルバム『LIME LIFE』、
4thミニアルバム『POWER FOR LIFE』をメジャーリリース。
2013年、マキシシングル『all time just』をリリース。
自転車ロードレースのプロチーム‘宇都宮ブリッツェン’の公式応援ソング、大型ショッピングモール‘ベルモール’の公式テーマソング、‘オートテクニックジャパン’の公式イメージソングを制作。既存曲では全労済 岡山県本部のCMソング、ホテルベストランドのCMソング、J:COMバラエティー番組のオープニングテーマの起用等があります。


■ボーカル/ 綾(りょう)
3月16日生まれ。陶壁家の両親のもと栃木県益子町に生まれる。
2歳から10年間クラシックバレエを習い、中学生の頃バンドを結成、
ギター&ボーカルを担当しステージに立つ楽しさを知った。
高校生からボイストレーニングや楽典を学び、玉川大学芸術学部に進学。
シンガーとして活動の中、
hottaの構想していたサウンドユニットの誘いを受け‘i-nos’結成。
学生時代からのダンス経験を生かし、外部へ振付も行っている。
2011年、とちぎ未来大使として委嘱を受けた。


■キーボード・サウンドプロデュース/ hotta(ホッタ)
6月30日生まれ。本名は堀田陽一(ほったよういち)。長野県茅野市出身。
幼少の頃作曲に目覚め、その後坂本龍一関連の音楽に影響を受けた。
信濃芸術学院では音楽理論に取り組む。
いくつかの全国大会を達成した高校生バンドをきっかけに上京。
ビーイング系アーティスト等のサポート活動を経て、映像関連や舞台、その他の音楽を手がけている。
女優で歌手の岡崎友紀が結成した劇団‘NEWS’の舞台音楽を専属担当した。
hottaによるプロジェクトユニット‘i-nos’のボーカルに当時学生だった綾を選抜、
コンポーザーとして楽曲におけるサウンド全般の構築、プロデュースも行っている。


■i-nos(アイノス)の意味
「 i 」「 nos 」「 愛の巣 」

~「 愛の巣 」~
i-nos=育てた音の発信元。
i-nosから発信される音、巣立つ想い。

~「 i 」について~
自分・愛・目(eye)
inspire・impress・imagination・interface・item...

~「 nos 」について~
network operating systemの意味を持ち、様々なネットワークを広げていきたいという想い。
医学用語であるnitric oxide synthaseも意味する。