i-nos infomation

  • 公式サイト
    i-nos公式サイト リニューアル
    PC・スマホ
    携帯(モバイル)
    ○公式サイトがリニューアルしました!
    URLが変わりましたので、ブックマークをお願いします。


    newマキシシングル『all time just』
    「オートテクニックジャパン(ATJ)」公式イメージソング「all time just」、
    J:COM「秘密結社ネットジョッカー」オープニングソング「永遠と未来へ」収録
    2013年7月17日リリース
    Jacket_pfl PBA-1001
    ¥1,200(税込)
    POWER BRAIN ARTISTS
    ○今作は「オートテクニックジャパン」の公式イメージソング「all time just」を軸に
    ポジティブな想いの込められた、「前進」をテーマとした5曲入りマキシシングルCD。ついにリリース!


    ■着うた・配信
    レコチョク/music.jp/dwango.jp/iTunes/mora等で一斉配信中

    ■カラオケ配信中(DAM/UGA)

    ■PV(Music Video)動画
    ever after」(配信曲)
    all time just」(マキシシングルより)
    永遠と未来へ」(マキシシングルより)
    あゆむコト」(マキシシングルより)
    雪になっても 桜になっても」(4thアルバムより)
    world goes round」(1stシングルより)
    p(e)acemaker」(2ndアルバムより)
    open the life」(2ndアルバムより)

    ■i-nosメルマガ配信希望の方はこちら(無料かんたん登録)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の記事

‘open the life’という曲

歌をうたうこと、歌を聴くこと
歌を聴かせたい、聴いてほしいと思うこと、

全てに、伝えるこころを誰かに届けるための
ひととしての強い想いが込められている。
生きていくことそのものが歌。
それを歌うのは生きている全てのひとたち。
そしてその歌を誰もが聴いている。

実はこの曲、Glory Daysという曲そのものであり、
過去の全てのできごとたちを受け止めた、輝かしい日々を胸に、
その先の自分たちのみちを開くための、いわば続編。

友人や恋人、仲間たちに、そして自分へのエール。

D888発売延期

当初5月発売だったKORG D888は、7月に延期になった。
ちょっと嫌な予感。なんで?
かなり前の話だけど、半年以上ポスターなどで宣伝を続けていたKORGのある商品が、延期に延期を重ねてついに発売無しになったという経歴がある。
あたりまえだけど、延期にすればするほど、よほどのスペック追加でもなければ、当然他のメーカーや自社から新しい機種や構想が出てくるので、発売の意味はなくなっちゃうんだよね。
5月に出してほしかった。5月24日のロサで使用したかったなぁ。。
「時代遅れの、でも新しい発想」といった、メーカーでは「ありそうで、なかった」と言っているような機種だから「別に無くてもいい製品」みたいなところにたどりついちゃったら超がっかりなんですけど。
僕にとっては、かなり裏方な機種ですが、絶対にほしい製品なので
KORGさん、発売期待してますから。。

‘Glory Days’という曲

僕たちの音楽ってどんなひとたちがどんな風に聴いてくれるのかな。
~時々思う。
地下鉄の、自分の映った窓の外を見る青年。
横断歩道で、中々変わらない信号を待つ学生。
コンビニの袋を下げて星空を見ながら歩くシゴト帰りのOL。

~星空

僕の地元はとても空気が澄んでいて、星がたくさん見える。
夕方ちょっと日が落ちると、もう星が見えてくる。
「星の数ほど」というけど、ある夏のその地で数え切れない星を見たことがある。
星で埋め尽くされた夜空って、想像できるかな。きっと想像以上です。
「星の数ほど」の意味は、はかり知れないということ。

あわただしい一日が終わり、帰宅途中で夜空を見ることってないですか?
一日を振り返ってみたり、過去を振り返ってみたり。
いま前に進む勇気を与えてくれた過去を振り返ることは
決して悪いことじゃないって思う。

これから何があるのかわからない時間を過ごして、
予測できなかった信じられない体験をして、
辛い思いや苦しみや悩み、怒り、出会い、喜び。
なにかにくじけてしまっていたこともあっただろうけど、
乗り越えられたからいまの自分があるんだと信じてる。

そしてささやかな夢を持った。夢は生きる希望となった。
だから一生夢は持ち続けていかなくちゃならないんだね。

自分の過ごした地や環境がどんなに変わっていっても
ひとそれぞれの思い出や夢を持つ想いはずっと変わらないから。
どんな思い出も、いまという瞬間も、いつかこころの支えになればと願う。
そして笑顔に変わる大切なものへと。

人間ひとりのこころの宝物となるそれは、
生まれたときから始まり、一生を終えた後もそのひとだけのものなんだ。
「星の数ほど」の はかり知れない輝かしいもの。

日々が輝かしいもの。

~そんな想いがこの曲を完成させた。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク


とちぎ観光・物産ガイド