i-nos infomation

  • 公式サイト
    i-nos公式サイト リニューアル
    PC・スマホ
    携帯(モバイル)
    ○公式サイトがリニューアルしました!
    URLが変わりましたので、ブックマークをお願いします。


    newマキシシングル『all time just』
    「オートテクニックジャパン(ATJ)」公式イメージソング「all time just」、
    J:COM「秘密結社ネットジョッカー」オープニングソング「永遠と未来へ」収録
    2013年7月17日リリース
    Jacket_pfl PBA-1001
    ¥1,200(税込)
    POWER BRAIN ARTISTS
    ○今作は「オートテクニックジャパン」の公式イメージソング「all time just」を軸に
    ポジティブな想いの込められた、「前進」をテーマとした5曲入りマキシシングルCD。ついにリリース!


    ■着うた・配信
    レコチョク/music.jp/dwango.jp/iTunes/mora等で一斉配信中

    ■カラオケ配信中(DAM/UGA)

    ■PV(Music Video)動画
    ever after」(配信曲)
    all time just」(マキシシングルより)
    永遠と未来へ」(マキシシングルより)
    あゆむコト」(マキシシングルより)
    雪になっても 桜になっても」(4thアルバムより)
    world goes round」(1stシングルより)
    p(e)acemaker」(2ndアルバムより)
    open the life」(2ndアルバムより)

    ■i-nosメルマガ配信希望の方はこちら(無料かんたん登録)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の記事

favorite

hottaさんの音楽のルーツは?と聞かれることが多くなったんですよね。
小学生、中学生の頃に聴いていた邦楽、洋楽、個々に個性を持ったそれぞれのアーティストの中で、坂本龍一さんの音楽を知ったことは大きな財産になった。
おかげで身近な音楽から、そしていままで聞いたこともない音楽(音)を知ることができた。
「坂本龍一=piano」のイメージを持った方が多いのですが、そうじゃないんですよ。
世の中で語られているたくさんのジャンルの元になった、つながりのある音楽を知れることは、そうない。
とてもひとりの人間が網羅することなんてできないけど、音楽をより深く浅く感じることができるようになった気がする。
そして細かなところに、i-nosは要素を得ているし、秘めることもできたんです。
僕は音楽について語ることや演奏することよりも、内で創造して発信することやインスパイアされることのほうがおもしろかったりする(笑)

ちょっと話はズレますが、あのPOPS全盛期の90年代、坂本龍一さんはこんなかっちょいい音楽もやっていたんですよ。
Ryuichi Sakamoto 1995 D&L Live 「heart beat」

雪。

今日は雪降ったね。上の階で降ってるのを確認。
久しぶりに見た☆
しばらくしてワクワクしながら地上へ。

全部溶けてました。。

「kizuna」カラオケ配信

すでに僕たちより早く情報を得た方からbbsに早速コメントをいただいていますが、
UGAでi-nos2弾目のカラオケ配信決定!
1stアルバム『HEART FOR LIFE』から「kizuna」が、3月5日より配信になります。
今日連絡を受けまして、綾と喜んでいます(笑)
この曲も、i-nosとしての思い入れが深く、二人の共作としても意味のある作品だと思っているんです。
文章とは違う、楽曲としての綾の詞を、より深く響かせる方法、作曲との兼ね合わせ、そしてアレンジで、詞自体はますます進化した。
ざっくり視点を変えてみる手法もi-nosらしさを出すポイントになった。僕も、この詞に責任をかけた。
この詞についてのやり取りは、もしかして必要以上に時間をかけていたかもしれない。
そういう意味での実験的作業を行なうことで、僕はi-nosへ得るものを求めていた。
だから綾にとっては特に思い入れは深いのかなと思うし、僕も映画音楽でも完成させた充実感がありましたね。
その曲が、カラオケに。
たくさんの方々に歌っていただきたいです!

再会、アンドリュー

以前、お話ししたオーストラリア人のアンドリュー。
http://i-nos.way-nifty.com/hotta/2008/10/post-5dd4.html
2週間ほどの滞在ということでマレーシアから日本に!
彼は、i-nosの「Glory Days」を愛してくれていた。
その彼に「Glory Days」のカラオケ配信を知ってもらうために仲間でカラオケに直行。
こっそり「Glory Days」を入力し、綾が歌い出す。
アンドリュー、一緒に歌い出したよ。
ちゃんと画面の歌詞を見ながら、日本語でね(笑)
涙出た。

ベルモール HMV宇都宮 インストアライヴ

2/22(日)、宇都宮、初ベルモールでのインストアライヴ。
ものすごく大きなショッピングセンターの中央にある、
カリヨン広場という素晴らしいスペースで奏らせていただきました。
円形に吹き抜けたこのスペースは上の階もお客さまで埋まり、
まるでコンサートホールのような感覚。
たくさんのお客さまに足を止めていただき、本当に嬉しかった☆
ありがとうございますshine
HMV宇都宮さんの店舗でもところどころにi-nosがちりばめられていました。
お世話になりました!

というわけで、CDもたくさんのかたにご購入いただきました。
またぜひこの場所で☆

2/22、にゃんにゃんにゃんの日に ちなんで、綾からにゃんのイラストをGET(笑)
200902230219000_3

LCV-FM

LCV-FM769「トワイライト交差点」というラジオ番組に電話生出演。
i-nosはパーソナリティの久慈大志さんと10分ほどお話しました。
LCVという放送局はhottaの地元、長野県諏訪にあるTV&ラジオ放送局で、
僕が上京する前、音楽関連でTVには何度か出演させていただいていました。
そのLCVさんにi-nosのことを知っていただき、ラジオへの出演依頼をくださいました。
ローカルですけどね、うれしかった。
まだまだ話せましたね(笑)
「open the life」をかけていただきました。
hottaの地元に関しては、ピンポイントではあまり考えていなかったんですが、
i-nosの歌を、ぜひ届けていきたい。

TSUTAYA 黒磯店 大田原店 インストアライヴ

14日、馴染みの栃木県北のTSUTAYAさんでインストアライヴをさせていただきました。
バレンタインにぜひ聴いていただきたい楽曲をラインナップ。
この日にその楽曲が歌えることを、綾も楽しみにしていたんです。
i-nosがインストアライヴというものを初めてやったのが、この県北TSUTAYAさん。また一層の想いが湧きます。
ここのスタッフの方々は、参加アーティストさんを尊重してくださる意向が強く、
ライヴ自体もお店の方々みなさんが一緒にライヴを楽しんでくださっているような環境で、とても楽しい時間を過ごすことができます。
僕にとって、インストアライヴはたくさんのことを発見できて、感じることができる、特別なものです。
綾も同じように感じていると思う。
積極的にこういったイベントにも取り組む県北TSUTAYAさんの常務、
そしてたくさんのスタッフの方々の想いをi-nosも一緒につくり上げていけたら、と思うのです。
i-nosのためにご来店いただいたお客さま、i-nosのために足を止めていただいたお客さま、そして店舗スタッフさま、
みなさまにi-nosは育てられているということを強く感じています。
ありがとうございました!

県北TSUTAYAさんそれぞれにi-nosのコーナーを設置いただいてました。試聴機にも!
写真は西那須野店☆

200902151352000






来月(3月21日、22日)は西那須野の新規オープンに合わせたイベントに参加させていただく予定です。
よろしくお願いします!

髪の人

200902140058000_3



あΣ( ̄□ ̄;)
今日髪カットに行こうと思ってたのに、、
すっかり忘れてました。。

もさい感じですが、
あしたのTSUTAYAさんのインストアライヴ、みなさん仲良くしてください。
よろしくお願いします☆

新星堂 宇都宮店 インストアライヴ

インストアライヴが今日から始まりました。
綾のネタとちょくちょくかぶっていきます(笑)

でも詳細は綾のブログでcoldsweats01

200902111838000






新星堂ララスクエア宇都宮店の店長さまに今回もお世話になりました。
試聴機にも入れていただいてます。J-POPコーナーDISK 2shine
fine townの担当のかたもお客さまのためにたくさんのfine town持参で来ていただきました!

200902111755000






宣伝用POPにご挨拶の書き込みをする綾。楽しそうに書き込んでます(笑)
なんか、こういう綾をみると、hottaも1ファンとして応援したくなったりする。
がんばろーwink
わざわざ遠くからお越しいただいたお客さまもいました。
ご覧いただいたみなさん、ありがとうございました!

ほうじ茶が、、

200902101644000






自販機のお茶 にがてなんですが、ほうじ茶は好きなんですよ。
毎日ここの自販機でホットのほうじ茶を買うのが日課だったのに、、
なぜか全部お茶に替わってました(´;ω;`)

ミニアルバム『OPEN THE LIFE』各曲について

2009年2月4日にリリースしたi-nosの『OPEN THE LIFE』について、各曲を語りました。
All_time_just_s
i-nosのカラー色である白を題材に、女神(または天使)をイメージさせたジャケットにしました。

 ■1. prelude■
前ぶれ、前兆、音楽的には前奏曲の意味です。序曲ですね。
本来は本編のモチーフを元に構成されますが、独立したものも多く存在しています。
この曲はピアノ小曲。i-nosの本質へ向かう意味深なものを連想。
次の楽曲へ導きます。

 ■2. open the life■
歌をうたうこと、聴いてほしいと思うこと。
それは、伝えたい気持ちを誰かに届けるための強い想い。
生きていることそのものが歌で、全ての人たちはその一生を奏でている。
辿った過去、生きてきた日々を胸に、その先の路を切り開くためのエール。
open the lifeは、i-nosの要の存在であり、この曲に夢を託した。
Glory Daysという曲に限りなく近い存在で、続編的な内容とも言えます。
想いがいっぱい詰まった楽曲です。

 ■3. p(e)acemaker■
i-nosが結成されるずっと前の話です。
あるとき、仕事仲間で 歌の大好きな女性に出逢いました。
彼女は生まれつき心臓に障害を持っていて、体内にペースメーカーを入れているんです。
たくさんの話をして、歌を聴いて、行動的な日々を過ごして、
ペースメーカーを入れているなんてことは忘れてしまうほどでした。
そして 弱気な僕を叱ったり、助言したりする。
それはね、
彼女が小さな頃 そんな身体がいじめの対象となって、
悔しくて切なくて泣く彼女を、強い精神力に育てようと努力した母親の支えを尊敬する、
いのちを誰よりも強く感じてきた、彼女自身の本当の声。
障害を持たないどんな人間よりも強い心で、しかも頼れる女性で、
その声でどんな曲でも力強く歌い上げてしまう。
ペースメーカーには期限があって、当時 約5年ほどの周期で取り替える手術を行なっていました。
約5年かけ、せっかくきれいになってきた手術跡を、また切るんですね。
ペースメーカーから心臓への電流の伝達は、血管の中を通したリード線が使われていますが、
そのリード線の劣化等の理由で、血管癒着した既存のリード線はそのままに、心臓を止めて別の血管にリード線を通す大手術を行なうそうです。
出逢ってからペースメーカー交換の手術を行なった彼女ですが
2週間ちょっとでカラッと元気に現れました。
なんかね、ちょっとつまずいて痛がってる自分が恥ずかしいと感じます。
彼女には存在するだけで「生きることの伝える力」を持っていて、その存在の意味すら感じます。
五体満足でもそうでなくても、
生きる勇気や生きる自信を持って、信頼できる大切な人たちがいることをとても素敵に思う。
そして一生のうちで、できるだけ失うものが少しでいられることが切なる願いです。
p(e)acemaker(ペースメーカー)という曲は
そんな彼女と出逢って、こうして僕たちが生きていることの尊さを得た、
ハートのアクセサリー「心臓」や「pacemaker(ペースメーカー)」、そして「心」を持つ人間の
peacemaker(ピースメーカー)な力の音なんです。

 ■4. close to you■
遠距離恋愛だったり、自分の大好きなひとが遠くの地にいたり。
でもね、きれいな夕焼けをみると、隣り合わせで肩を並べて、
なんだか一緒にみているような気になるよ。
そんなときは、今日一日のことや話したいことをいっぱい語っていたい。
でも、本当は逢いたいよ。
近くにいたはずの好きな人が、遠くの地に行ってしまったのは、歩む道を決心したからなんだ。
遠く離れてしまうことは辛いことだけど、この夕焼けの下で一緒に夢の話をしよう。
この空がずっと二人をつないでいてくれるから。

 ■5. wish■
つないだ手は暖かくて、その手はずっと離れることなく、想いも離れることなく。
見送る電車の扉が閉まっても、手を振って別れても、大切なひとを想うこころは果てない。
ずっと一緒にいられるその日を、そしてこれからを信じて、
自分を磨いていこう。

 ■6. along the way■
みんな夢を持っていて、それを実現するために新たな旅立ちがあったり、活動があったり。
中々理解してもらえないことも多くて、自分もこれでいいのか不安を呼ぶ。
たくさんの出会いや交流の中で、いまの生き方を見直す機会もいっぱいある。
でも自分にとって何が正しいのか、それは自分で決めなくちゃならない。
もし自分の決めたその歩み方が間違っていたとしても、不安だらけでも
挑戦したいことがたくさんあって、少しでも応援してくれるひとがいればそれはとても幸せなことです。
そして「あのひともがんばってる」。そんな活力ももらって、後悔しないための航海へ。



2009年2月4日リリース
¥1,500(税込)/QWCB-10014
販売元:ポニーキャニオン

i-nos公式サイト[PC・スマホ][携帯]

実はお笑い好き

去年のアルバム作業から先日のリリースライヴまで
大好きなお笑い番組が なにげにちゃんと観れなかったので、
このタイミングで、ためこんでいた お笑い番組いっぱい
今頃ですが、やっとほぼ全部観ることができました。。
YouTubeなどではちょこちょこ観てたんですけどね、
作業部屋で一人で笑ってる姿は怪しすぎる、、(;・∀・)

明日からインストアライヴが始まります!wink

09.02.06LIVE INN ROSA

ライヴをこころから楽しく、幸せに思えた感覚。
混じりっ気なく。
たくさんのお客様に見守られながら、i-nosを熱く表現できた。
アンコールなんて、全然用意してなかったんです。
そもそも、対バンでのライヴのアンコールはタブーだったりします。
声が上がった瞬間、ライヴハウスのスタッフのかたからOKサイン。
ずーっとお世話になってきたスタッフのかたにもらったOKサインで、愛情をいただきました。
いままでhottaのしてきた活動と、i-nosとしての活動においてお世話になってきたすべてがフラッシュバックした。
今日みなさんからもらったアンコールとスタッフのかたのOKサインは、一生忘れられない宝物になりました。
絶対に忘れたくない。
本当に本当にありがとうございました。
さらにステップアップすることも目標に、i-nosは飛躍しますconfident

準備完了!

只今午前3時。明日(日が変わって今日)のライヴのための準備が完了っ!
みなさんとアニバーサリーな時間を過ごせるのを楽しみにしてますnote

アルバム『OPEN THE LIFE』発売

i-nosのnewアルバム『OPEN THE LIFE』が2月4日に発売されました。
僕のなかでは、『HEART FOR LIFE』からのテンションや流れをを背負ってランニングしていたので、まずはひと段落クリアした心境です。
そしてそれぞれのアルバムに対する思い入れが強くて。
今回の『OPEN THE LIFE』に至るプロセスはとても熱かった。
i-nosを盛り立ててくれたレーベルの方々との出会いはとても重要。
お互いメリットを引き出せるような活動を臨める、いい環境を築ける気がしています。
そして何より、i-nosを応援してくださっているみなさまからは、
『HEART FOR LIFE』~『OPEN THE LIFE』の流れをつくってくれたし、i-nosのステップを後押ししてくれています。
本当にありがとうございます!

今回のアルバム『OPEN THE LIFE』も、それぞれの楽曲について少し語ってます。ぜひ読んでみてくださいね。
http://www.bluemusic.co.jp/i-nos/sound04.html

「コツコツやってきてよかった」、綾が言った。
綾にそんなことを言わせた自分に少し罪悪感があったりしてね。
最初の『HEART FOR LIFE』まで、ちょっと時間かけすぎちゃったかなと正直思う。でも、その時間が、いまのi-nosを生み出してくれたと思いたい。
次のステップを確実に踏んでいこう。

カラオケ配信

今日から「Glory Days」がUGAで配信されました。どんな感じなんでしょうね。
通信カラオケっていうのは、ご存知のかたのほうが多いのかもしれませんが、大半が リクエストを入れると、センターから音楽データが送られてきて、そのデータが、お店にある音源(たくさんの音色を格納した機械)を演奏する仕組みなんですね。
ということは、カラオケで歌う人のために、僕じゃない人が今回の「Glory Days」の演奏データを作成し、配信されているんです。そして綾じゃない人が歌う。
とってもとっても不思議な気分です(笑)
i-nosの楽曲が、もっと配信されるようにがんばらなくては。

明日はいよいよアルバム『OPEN THE LIFE』の発売日です!

works

090202






いま2月6日ロサライヴのためのサウンドメイクの作業してます。
リハで他の楽器や、ボーカルに合わせ、必要に応じて調整やアレンジをかけていくんですよ。
こんな風に聴こえてくれたらいいな とか、色んなこと考えながらやってます。
今回のアルバムの歌は、全部披露できる予定です。
お楽しみにconfident

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク


とちぎ観光・物産ガイド